<< 動画メンバー募集記事 | main | 暗黒結界 >>

七色の姫(乙女軸青眼)

2014.06.12 Thursday | by 灰皿

見やすいように編集してみました。

もっとこうすれば見やすいなどあったらぜひぜひご教授くだせえ。

デッキ詳細は続きから。


動きは動画でチェック。


4月20日 ラグナゼロやシグナルレッドについて更新。
(6月12日に公開しました。すいません☆)

ニコニコ動画


大絶賛調整中(白目)
現状まだクオリティがアレなので調整して改良していきます。

【七色の姫】(2013年9月制限)

最上級
青眼の白龍 ×2
巌征竜−レドックス ×1

下級
フリントロック ×1
シャインエンジェル ×3
グリーン・ガジェット ×2
レッド・ガジェット ×2
イエロー・ガジェット ×2
オネスト ×1
A・ジェネクス・バードマン ×1
工作列車シグナル・レッド ×1
ヴァイロン・スフィア ×1
青き眼の乙女 ×3
※(ブリキンギョ ×1)

魔法
死者蘇生 ×1
ワン・フォー・ワン ×1
サイクロン ×1
サモンチェーン ×2
移り気な仕立屋 ×1
レアゴールド・アーマー ×1
メタルシルバー・アーマー ×3
フリント ×2


無力の証明 ×1
ギブ&テイク ×1
スターライト・ロード ×2
積み上げる幸福 ×1
シフトチェンジ ×2 (1枚減らして立ちはだかる強敵でもいいかも)
スキル・プリズナー ×2

イクイップ・シュートがはいっていましたがシフトチェンジになりました^q^

※ブリキンギョを採用することにより一人では何も出来ないガジェットに仕事を与えられるんですがワンショットにかなり届きやすくなります。返し合いする遊戯王がしたい方にはあまりオススメできません。
※オネストは好みだと思います。抜けたり入ったりしてましたが牙王やらホープドラグーンやらがクッソみたいに重いので入れました。


〜基本ギミック〜

クリックで挿入

クリックで挿入

クリックで挿入

クリックで挿入

クリックで挿入

クリックで挿入

クリックで挿入


てなわけでこんなデッキ名です!(後付け)

そして姫については後ほど。
 
青眼龍轟臨により超強化された青眼のデッキですね。青き眼の乙女軸青眼ってやつです。

デッキコンセプトは戦闘と対象のコントロール。
強化された青眼はもちろんのことガジェットなどパワーが高いカードがたくさん入ってるデッキなので正直動画向けではないかも。
青き眼の乙女を充分に活かして青き眼の乙女らしいメタビート的なデッキを目指して組みました。
メタビートと聞くとどうしても動画向きではないくっそ寒い使われたら友達やめるようなトーナメントで活躍する相手の動きを制限するみんなのトラウマみたいなカードが沢山思い浮かぶと思いますがそれらの制圧カードをチョイスせずにいやらしい盤面は組めるようになったんじゃないかと思います。





一番メインでやりたいことはフリントロック青き眼の乙女を同時に並べてフリントで毎ターン対象にとるぞーってやつです。ぶっちゃけあんまやりません。
青き眼の乙女特化の青眼は装備軸やら罠軸やらいろいろありますが無難に扱いやすい装備軸で組んでみました。
装備軸といえばワンダーワンド+乙女が有名ですがどこでもやってるしくっそつまんないのでそれ以外に相性いい装備魔法ということでフリントレアゴールド・アーマーメタルシルバー・アーマーを採用してみました。
レアゴールド・アーマーは攻撃を装備モンスターに誘導する装備魔法、メタルシルバー・アーマーは対象行為を装備モンスターに誘導する装備魔法。効果対象にされた時、攻撃対象にされた時に効果が発動する青き眼の乙女と相性悪いわけがないということですね。
団結の力をつける型とかもありますが基本的に僕は試合展開を早めるだけの攻撃力が大きく跳ね上がる装備魔法は使いたくないので採用を見送りました。このデッキだとサモンチェーンの存在から笑えない打点になってしまいますしね。

ちなみにフリントには表示形式を変更できなくなるデメリット効果もありますが効果による表示形式の変更は問題なく行えるので青き眼の乙女の攻撃無効効果を阻害することはありません。

フリントロック青き眼の乙女は2体ともシャインエンジェルからリクルート可能なのでギブ&テイクシャインエンジェルで盤面に揃えることが多いです。シャインが殴られる、乙女出す、エンドフェイズにギブテでシャイン飛ばしつつ対象に取り青眼を展開、返しこっちのターンでシャインを殴って盤面を揃えたり。

この動きで持ってくるモンスターをヴァイロン・スフィアにすればシンクロで蒼眼の銀龍、墓地に送られたヴァイロン・スフィアの効果で青き眼の乙女を対象にとり 青眼を展開と召喚権無しで乙女青眼銀龍の布陣を整えることも出来ます。この方法で出すとチェーン1銀龍チェーン2スフィアチェーン3乙女になるので青き眼の乙女の効果で出す青眼にも銀龍の耐性を付与できるのが美味しかったり。積み上げる幸福までに必要なチェーンも一気に組めますしね。

ただサルベージ・ウォリアー等が抜けたことによりギブ&テイクの役割が段々なくなってしまいピン刺しに。シャインエンジェルに全くアクセス出来ないのにギブテだけがハンドに嵩張り動けないってことが何度かあったのでワンチャン狙えればいいかなくらいになりました。
青き眼の乙女以外にギブ&テイクを当てて美味しいモンスターがガジェットに当ててシャインエンジェル飛ばしてシャインエンジェル殴って青き眼の乙女持ってきて対象取って青眼の白龍だしてレベル8になってるガジェットとランク8構えるくらいしかなくなったのでどうしても積んでられないんですよね。

調整の結果、フリントロックが初手に来てなんの役割も持てないことが多かったのでフリントロックがピン、フリントが2枚になってます。大分安定します。
フリントロックが比較的どこからでも引っ張ってこれるモンスターなのでピン刺しでも充分軸に出来まるんですよね。
クソヤロウの効果で除外喰らうとしんどいんですがだいたい青眼の白龍食ってくるんでまあいいかなと。




…ってな感じのフリントくるくるがメインだったんですがフリント以外に対象とれるカードとして保険で入れたレアゴールド・アーマーメタルシルバー・アーマーとメッチャクチャ相性いい且つ青眼の白龍とも相性最高、剰えガジェットからポンッ☆っと出てくるカードがこの前登場しまして…。





そうです、彼女です。



《プリンセス・コロン/Princess Cologne》



 






ああ^〜
某薔薇乙女もそうですがなんでドールはこんなに可愛いんでしょうか。
ちなみに僕は遊馬VSコロン戦のあとでキャットちゃんの家にみんなで行ってキャットちゃんが自分を捨てた元持ち主だとわかったときにキャットちゃんをジト目で見下すところのコロンちゃんが一番好きです。





青眼コロンってデッキはよく見るんですがこのデッキも言っちゃえばそれですね。
おもちゃ箱は採用していませんが2つのアーマーでコロンちゃんの優秀な耐性を更に強固にする感じになっています。

コロンちゃんの耐性は自分フィールドに他のモンスターが存在するとき攻撃対象にできず、カードの効果の対象にもできないというもの。
そしてレアゴールド・アーマー装備モンスター以外のモンスターには攻撃できなくする装備魔法、メタルシルバー・アーマーは装備モンスター以外のモンスター1体を対象にする 魔法・罠・効果モンスターの効果を使用できなくする装備魔法。

そうです、他のモンスターが存在するときにコロンちゃんに装備することのよって攻撃行為、対象行為の完全封殺が出来ます。サイクでおkwwwトリシュでおkとか言ったやつ屋上来い

とは言ったもののやはり元々は軸にする予定のカードでは無かったので優先してコロンちゃんに行こうとしないで狙える時に置いといて制圧する感じでいいと思います。







まあレアゴールドは乙女や青眼、コロンちゃんや機械竜とくらいしかシナジーがないんですが(故にピン刺し)メタルシルバー・アーマーがエグい。

メタルシルバー・アーマーフィールドのモンスター1体を対象にとるカードが使用不可になるのではなく、モンスターを対象にとるカードが使用不可になります。
つまり死者蘇生だろうがリビングデットの呼び声だろうがD・D・Rだろうが強制脱出装置だろうがジャンク・シンクロンだろうがあの忌まわしき暗炎星-ユウシの除去だろうが使えなくなります。

このカードをNo. 74 マジカル・クラウン−ミッシング・ソードに装備することでミッシングソード以外を対象取ることができなくなりミッシングソードの自身の効果によりミッシングソードを対象とする魔法・罠・効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊して更にフィールド上のカード1枚持っていく鬼畜コンボが成立。

メタルシルバーをドラゴン族に装備し、ドラゴン族にカード効果の対象にならずカード効果では破壊されない耐性を付与する蒼眼の銀龍を出せば1ターン限りですが強固な盤面を構えることも可能。

ヴァイロン・スフィアを使えば蒼眼の銀龍メタルシルバー・アーマーをつけることも可能です。
青眼とスフィアでシンクロして銀龍、銀龍の効果にチェーンしてスフィアで対象銀龍、この効果解決後にドラゴン族の対象取る行為が行えなくなります。その後 スフィアの効果で墓地の装備と入れ替える効果を発動しくっつけると。スフィアの再装備効果は対象取る効果ではないので問題なくいけると。

この2つのアーマーの性質上、黒薔薇閻魔龍などの全体除去カードをかなり呼ぶのでスターライト・ロードを二枚採用してます。
相手の行動を制限して、制限して、全体除去に走る相手をそこで討ち取って勝負を決める感じですね。







もう一つのメインのギミックであるガジェットについて。

フリントロックヴァイロン・スフィアA・ジェネクス・バードマンなどの軸となるカードの枚数を極限まで絞りつつ欲しい時にサーチしたかったのでギアギガント Xを作れるギミックが欲しかったってのが一番の理由。

色々迷走して当初はギアギアとかも入ってましたがギアギア自身のポテンシャルの高さと乙女の異常な強さのせいでクソつまんないデッキが出来たので最終的にガジェットに。まあポテンシャルの高さを言ったらガジェも大概ですが少なくとも単体で出すだけでは殴られて死ぬのがオチなので一枚のときの強さはギアギアよかマシかなと。

青き眼の乙女を対象取れる=サモンチェーンを打てる、それを利用したコアガジェットみたいな感じにしてます。

基本的には青き眼の乙女が盤面にいる状態でサモンチェーンを打ってギアギガント X青き眼の乙女青眼の白龍フリントロックの布陣作ったり氷結界の龍トリシューラヴェルズ・ウロボロスを作ったりA・ジェネクス・バードマンをサーチして機械竜 パワー・ツールパワー・ツール・ドラゴンを作ったりと。もちろんコロンちゃんを作るのもよし。
あとガジェットは聖刻神龍−エネアードと相性いいのもありがたいですね。



あまりワンショットには届かないデッキなので、一発目の総攻撃の後に突破困難の盤面を構えて制圧して二発目、三発目の攻めで打ち取るデッキタイプです。
もちろんワンショット出来るように特化することも可能です。このデッキの味を残しつつすることも可能です。それこそコアガジェのように緊急テレポート等を採用すれば。
もっと言ってしまえばこのデッキ、ブリキンギョを入れない理由がない、ブリキンギョをピン刺ししただけでかなり簡単に8000届かせることが出来ます。青き眼の乙女を対象に取りサモンチェーンを発動、ガジェットを2体展開してギアギガント Xブリキンギョをサーチして召喚してガジェットを特殊召喚し氷結界の龍トリシューラ、3000+2300+2700+除外と。
ですがどんな面白い札使おうが変わった札使おうが結果は1発で8000削るデッキ。ましてやこのブリキンギョの動きなんぞ面白くもなければ変わった札使ってるわけでもないですしね。【乙女使って8000一発で削るデッキ】になるならよくあるテンプレでいいじゃんと。緊テレライズという手札2枚準備0で出来る完成されたコンボも既にあります。
だから殴るデッキではなく【相手の動きを制限し、対応力をあげた乙女】を目指しました。
まあただ入れない理由が無いのにそのカードを採用しないというのも僕のポリシーには反する。だからブリキンギョをピン刺しするか否かすごい悩んでます。劣化にならないために出来ないことをしてなんぼです。




現状相手のアクションに合わせていつでも動けるようなカードが神竜騎士フェルグラント無力の証明くらいしかないので相手によってはホイホイ動かれて踏まれることも。逆も然りでメタルシルバー・アーマーで詰んでしまうデッキもあるくらい。
環境によっては強制脱出装置あたりを入れて対応力あげてあげるといいと思います。自分の環境じゃとても使える罠じゃないんですが相性はいいです。

他の妨害札は移り気な仕立屋シフトチェンジイクイップ・シュートなどの特定の行動をした相手のテンポを狂わせるカードになってます。
いつでも打てるわけではないですが相手が盤面を攻略しようと動いているときに引っかかってくれればブレーキかかるようなカードが多めです。



まあここまでさんざん喋っておいてアレですが回してて面白いデッキだとは思いません。デッキ紹介ブログでこんなことは言いたくないけども。あくまで個人的にはですが。

乙女の高すぎるポテンシャル、乙女を警戒して相手が殴れないので固まりやすい、自分の他のデッキと比べると面白い動きが少ない、寧ろ面白い動きはなくシナジーだけで固めたデッキ。
元々はボツデッキだったんですがどれもこれもこれと似通った微妙さが残ってしまい形にしないデッキばかりなんですよね。堅実になるに連れつまらなくなるやつの典型。

ただ可能性は感じます。面白く転がるかは別としてまだまだ進化していくと思います。
入ってるモンスターの性質上、急がなくても戦えるし1枚で戦線維持出来るようなカードが多いので他の枠もごちゃごちゃいじりやすいので。



回してて思ったんですがこのデッキランク8の特化デッキが鬼キツイです。フェルグランドで乙女は喰われタキオンで乙女はもちろん銀龍やコロンを無効化され 不乱健でフリントじゃ越えられない打点を作ってくるしエネアはコロンアーマーだろうが対象取らずにぶち殺してきやがると。そして無力もすり抜けてく る。なんか対策考えておきます^q^


〜各カードの採用理由〜

巌征竜−レドックス


遊戯王OCGの歴史上アンデシンクロの次くらいのクソ環境を創りだしたと言われる原因の1体。
レドやんの採用理由ですが体感的にやたらガジェがハンドにダブることが多くその余ったガジェを有効活用できないかなといれてみました。

最近のガジェットはレドを入れてる型も多いみたいなのでやっぱ相性はいいです ね。あれはマシンガジェでフォートレスとランク7組めるからなのかな?如何せんガチ方面は疎い。見方を変えればガジェ専用二重召喚にもなれるカードですしね。
なんだかんだ征龍をガチデッキ以外ではまだ使ったことがなかったので使いたかったってのも理由の一つですが。

このデッキでも主な役割は二重召喚代わり。
ギアギガント Xを作りチューナーをサーチして次のターン墓地のレドックスの自身SS効果で展開後、ギアギガント XからサーチしたカードがA・ジェネクス・バードマンだったらレドハンドインバードマンで握ってるガジェと7シンクロ、そのときハンドインするカードが別にあればそのカードをハンドインし、パワー・ツール・ドラゴンを召喚、メタルシルバー・アーマーをサーチしてレドやんとオーバーレイしてNo. 74 マジカル・クラウン−ミッシング・ソードメタルシルバー・アーマーの強力盤面が出来上がると。カタストルでおkwwwとか吐かしたやつちょっと来い。
ただこの動き、実はちょっと弱いんですよね。まだあまりこのデッキを回していないので一概には言えないんですが見ての通りこの動きは基本的にギアギガント Xを作った次のターンに行うんですよ。
正直自分だったらギアギガント X立ったら残しておけないので意地でも殴りに行きます。まあ無難なとこホープあたりで。つまり2500以上が突っ立ってる状態でターン回ってくるんですよ。それなのに出るシンクロがパワーツール兄弟(打点2300)ってどうなのと思ってしまったりも。

まあそれは置いといてサーチしたチューナーがヴァイロン・スフィアだったらそのまま召喚から閃竜 スターダストに行けます
閃竜 スターダスト青き眼の乙女の相性は最高なのは有名ですね。
レドやんを採用したことにより全く出なかった閃竜 スターダストがホイホイ出るようになったのは大きいです。
他にも閃竜 スターダストはこのデッキだと積み上げる幸福サモンチェーンなどのチェーンカードと相性良かったり狙われやすい装備魔法たちを守ってくれたり。

チェーンバーンのようなデッキではなく、普通のチェーンが組みやすいビートダウンのデッキに積み上げる幸福を組み込むと自分のターンに積み上げる幸福を伏せ、相手ターンに除去されて発動出来ず割られるというシーンをよく見ます。割られないときもチェーンしてサンダバやラビットが飛んでいってもう1枚何かを強引に発動して打つみたいなそんな感じ。結局アドバンテージがとれてるかと言われると微妙。
青き眼の乙女や聖刻龍-ドラゴンヌートのデッキだと相手のチェーンブロックを作る行動にチェーンして対象にさえ取ることが出来ればカウンター罠等をチェーンされない限りほぼ確実に積み上げる幸福を発動することが可能です。
その相手ターンに青き眼の乙女を対象に取ることが出来る一番お手軽且つ強力なモンスターが閃竜 スターダストなんですよね。

他にもA・ジェネクス・バードマン神樹の守護獣−牙王になれたりします。めっちゃ強いです。思考停止でメタルシルバー・アーマーつけてれば勝てます。



移り気な仕立屋


初期段階では入ってたんですが抜けてまた入ったカード。渋さが気に入って抜けないだけな気がするけどもういいや。

フリントぶつけたり速攻魔法なのを利用して青き眼の乙女にぶつけて積み上げる幸福までのチェーンを稼いだりなどなど。

フリントとの相性はなかなか。
フリントは相手が攻撃宣言出来なくなる装備なんですが攻撃宣言後にこのカードを発動して相手にフリントを装備することによって300下がってそのまま攻撃続行させることが可能。微力ですが300ポイントも侮れない数値です。
そして攻撃宣言前に発動することによって攻撃ロックと使い分けたり出来ます。

あと地味ですが青き眼の乙女レアゴールド・アーマーを装備。
1発目の攻撃を無効化して青眼の白龍を展開、2発目以降が来る前にこのカードを使って青眼の白龍A・O・J カタストルレアゴールド・アーマーをくっつけるのも結構鬱陶しかったり。

一番の仕事はこのデッキ使うとわかるんですがついてて欲しいやつについてて欲しい装備がついてないことが多いんです。例えば青き眼の乙女にアーマー付けて動いた後にプリンセス・コロンが横に立ったらコロンちゃんにアーマーついてたほうが美味しいのでそういう時に使ったりなど。

団結などの攻撃力パンプ系の装備やブレイク・ドローやアームド・チェンジャーと相性いいんですがそこら辺が入ってないからどうなのかなーって感じ。現状腐ることより仕事出来る事が多かったのでまあいいかなと。




無力の証明


乙女青眼なら採用しているデッキも多いんじゃないでしょうか。他の乙女青眼をあまりみたことないのでわかりませんが。
見ての通り相手の展開を邪魔できるカードがほぼ皆無でして盤面決めてもさらっと黒薔薇トリシュ閻魔で解決されることが多かったので採用しました。
レベル7以上のシンクロを置きながら戦う、青眼の白龍がいることが多い、ジリ貧勝負の時に引いても巌征竜−レドックスがいるので腐ることはあまりないです。
あと最悪ギブ&テイクでガジェットあたりのレベル底上げしてぶっ潰すことも出来ます。

こっちが盤面固めて制圧するデッキなので激流との相性は最悪、落とし穴系の召喚反応だとカバーしきれず薔薇やトリシュに繋げられることが多い(そもそも落とし穴系は使いたくない)のと仮想敵が基本的にシンクロモンスターだったので無力でいいかなと。
まあぶっちゃけると本当に神警神宣でいいんですよね、このデッキ。LSDの存在もあるので相性バッチシ。まあできることは違うので差別化は意識しなくてもいいんですが…。

このカード以外相手ターンの展開中に妨害できる罠はないのでこのカードやスターライト・ロードがハンドにないときは少し警戒を。妨害できないのにハンド投げ捨てて薔薇でも呼んだら目も当てられないですからね。
なら妨害罠増やせや、と思う方もいると思いますが、ただでさえドギツイ制圧かけてるデッキなのでこれ以上妨害札を増やすとやはり面白くない試合展開になってしまうのでこれが限界かなと。デッカス並感ですがご理解くだせえ。



イクイップ・シュート


(結局抜けました。理由はフリントが2枚になり役割持てずに腐ることが多い、青眼の白龍で二回殴ることが増えてどうしても打点が出すぎてつまらなくなる、移り気な仕立屋シフトチェンジと若干役割が被ってるなどなど。でもNo.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロと滅茶苦茶相性いいんで今なら入れても機能するかもしれないです。)

青き眼の乙女の仮想敵はやはり星態龍でしてどうにか面白く対策できないかなと思い採用しました。
元々は星態龍を仮想的にしたギミックが沢山あったんですがほとんど取っ払って消えていきました。理由は星態龍より遥かに薔薇よぶことが多かったからです。

このカードは「自フィールドの装備魔法」と「相手攻撃表示モンスター」を対象に取る効果なので蒼眼の銀龍の効果が邪魔になることなく発動できて尚且つバトルフェイズのスタートステップに打つことで星態龍のカード効果を受けない効果を無視し戦闘によって除去出来ると。
 
基本的には青眼の白龍フリントをつけている状態でエンドしてこのカードを発動し、星態龍を狩り墓地に送られたフリントの強制効果で他のモンスにくっつけ攻撃を止めるという動きがやりたかったのです。この方法で戦闘すれば自身で攻撃宣言していないので星態龍はしっかりフリントの攻撃力ダウンを受けるので紙一重で青眼の白龍の攻撃力が上回ると。

それ以外にもイクイップ・シュートは見方を変えれば自分のバトルフェイズ中に二回戦闘を行えるカードとしての役割もあるのでオネストを付与したモンスで連撃したり。

ちなみに召喚制限が入ってた理由はギアギアとのシナジー、戦闘を強制したい場面が多い、特殊召喚でチェーンが1つ稼げる、ガジェとのイラストシナジー、トライフォースの光効果による展開補助、ギブ&テイクとの抜群のシナジーなどがありました。抜けた理由はなんとなく使い勝手が悪いというかプレイングゴミカス勢なので何処でうったらいいかわからんかったので。

戦闘を強制させることをメインで組むならばサルベージ・ウォリアーとかを抜かず、セルバンギミックを残しておいてサベージ・コロシアムを軸に戦っていくのはなかなか面白かったです。機皇帝がなかなかいい仕事を。クロスからサーチしてサベージの効果で自壊させワイゼル出して相手のターン制圧、返しはドゥロでバウンスして一斉攻撃、壊すモンスターの弾はガジェットが常に稼いでくれると。
まあ刺さる相手にはぶっ刺さって拘束力がかなりあがっちゃってアレだったのと逆に刺さらない相手だとこっちがキツくなるだけだったので。



シフトチェンジ


今回のマイオナ枠。黙ってミラフォ突っ込んだほうが強い。
ガリトラップと迷ったんですがこっちに。正直かなり強いです。

メインのお仕事はは警戒されてあまりにも殴られないシャインエンジェル青き眼の乙女と戦闘してもらうこと。例えばガジェットと乙女を並べて置いておくと相手はガジェットでランク4を作られるのを警戒して大体ガジェットに攻撃を仕掛けてきます。そこでこのカードを発動して青き眼の乙女の効果でその攻撃を無効化して青眼の白龍を展開してガジェットを守ったりなど。

ガジェットや殴られたくないモンスターを守る罠でありシャインエンジェル青き眼の乙女で展開に繋げる罠でもある。1枚で2役。欲を言えばモンスター効果の対象もズラせたらよかったな。

他にも青き眼の乙女を2回殴って強制的に踏んでくる相手を青眼の白龍で返り討ちにしたり対象効果を青き眼の乙女にシフトして青眼の白龍を展開したりA・O・J カタストルに攻撃対象をずらしたり、青眼の白龍に攻撃!→はいオネストー→ふぇぇ…それなら次は別のモンスターを殴るよお…→シフトチェンジはいムキムキ青眼がお相手ー。などなど。

相手がこっちの対象を取る魔法罠ってだいたいこっちにとって都合の悪いカードなのでそういうカードを本命に当てさせない役目もあります。
そういう都合の悪いものを受け持ってもらう役割は主にガジェット。基本的に召喚権を使わずに青眼の白龍がバンバン展開されていくデッキなのでガジェットに召喚権を割いて相手の対象を取る魔法罠とシフトチェンジで1:1交換を狙っていってテンポを握っていくと。
攻撃の対象移動だけなら立ちはだかる強敵がライバルになっていくんですがこの対称移動もなかなかうまいこと役に立ってくれるのでこっちにしました。
まあ攻撃系を受け流すことに関しては立ちはだかる強敵が圧倒的にこのカードより優秀なので1枚挿してもいいかも。

シフトチェンジの面白いところはこのカード、テキストが曖昧なんですが地縛神のような本来殴れない相手に攻撃させることが出来るらしいです。
正しい対象ってどういうことなんだろうね…Wikiにも書いてあるからね、仕方ないね。
問い合わせたところ、このデッキの2つのアーマーの効果をすり抜けて対象選択をすることが可能らしいです。ダメ元で聞いたんだけど驚きました。

神竜騎士フェルグラント関連は調整中らしいです。
神竜騎士フェルグラントの効果を受けたモンスターが攻撃してきた場合、別のモンスターに対称変更することは出来るが、神竜騎士フェルグラントの効果を受けたモンスターに対象を移動することは調整中とか何とか。
無いシチュエーションじゃないので困りますね。多分「出来ない」で落ち着くとは思うんですが。

追記
シフトチェンジの裁定云々。メールで聞いてみました。
色々出来るみたいです^q^ 

Q.
フィールド上のモンスターが強制脱出装置の対象になったとき、
シフトチェンジで禁じられた聖槍の効果が適用されたモンスターに対象を変更することは可能ですか?
A.
ご質問の状況の場合でも、「シフトチェンジ」を発動し、対象を「禁じられた聖槍」の効果を受けたモンスターに移し替える事ができます。

Q.
暗遷士 カンゴルゴームの効果で神竜騎士フェルグラントの効果が適用されたモンスターに対象を変更することは可能ですか?
A.
ご質問の状況の場合でも、「暗遷士 カンゴルゴーム」の効果を発動し、対象を「神竜騎士フェルグラント」の効果を受けたモンスターに移し替える事ができます。

Q.
フィールドに青き眼の乙女と他のモンスター(A)が存在するときに相手のモンスターがAに攻撃をしました。
そのときこちらがシフトチェンジを発動し、青き眼の乙女に攻撃対象を変更しました(この時青き眼の乙女の対象にとられた時の効果は使用しません)。
攻撃対象にされた青き眼の乙女は自身の効果で表示形式を変更し、青眼の白龍を特殊召喚し戦闘を無効化することは可能ですか?
A.
ご質問頂きました状況の場合、「シフトチェンジ」を発動した場合、攻撃対象に選択された「青き眼の乙女」の効果を発動し、攻撃宣言を無効化し、表示形式を変更した上で「青眼の白龍」を特殊召喚する事はできます。
なお、「シフトチェンジ」の対象になった際「青き眼の乙女」の『カードの効果の対象になった時に発動できる』効果を発動する事は可能です。

Q.
神竜騎士フェルグラントの効果を受けた相手モンスターが攻撃宣言を行ってきた場合、シフトチェンジで攻撃対象を変更することは可能ですか?
A.
ご質問の状況であれば、「シフトチェンジ」を発動し、「神竜騎士フェルグラント」の効果を受けていない自分のモンスターに攻撃対象を移し替える事ができます。



スキル・プリズナー

この記事更新するのも久しぶりですね。数十回調整して思ったことはやはりまだ青き眼の乙女にアクセス出来るカードが少なすぎる。

このカード以外にもLEGACY OF THE VALIANTでこのデッキはかなり強化されました。ランク4にわけわからないレベルに強力な除去モンスター、ランク8には青き眼の乙女を対象に取りつつデッキトップに逃がして返しに備えたり破壊以外の除去が出来る器用な犬っころが来たりと。

さて、新規カードスキル・プリズナー。恵まれた裁定と優秀な効果、墓地で発動出来て対象に取ることが出来る罠は青き眼の乙女や聖刻龍-ドラゴンヌートとも相性がいいということで色々話題になってますね。

勿論このデッキとも相性は最高です。
何故相性がいいかといいますとまず単純に青き眼の乙女を対象にとることが出来る。それも二度も。
墓地にあろうがフィールドにあろうが相手ターンでも自分のターンでも発動出来るトリガーは本当に優秀です。
当然ですが罠ということでスペルスピードも2なので全体除去を通してしまって苦しい時などでも墓地にこのカードがあればガジェットを召喚して効果にチェーンして起動してサモンチェーンがうてたりなど。

2つ目の理由はなんといってもメタルシルバー・アーマーとの相性の良さ。
自分フィールドのモンスターがメタルシルバー・アーマーを装備している状態だと相手が取れる対象行為のアクションは装備モンスターかメタルシルバー・アーマー自身に対してのみ。
この状態だとメタルシルバー・アーマーによる制圧を嫌い、モンスター効果で装備モンスターやメタルシルバー・アーマーを除去しにかかってくる場合がかなり多いんですがそれを守ることが出来ます。

いまいち強さがピンとこないという人もいるとは思いますが、このカードさえあれば苦手だったやつらが大勢無力と化します。
ランク1,2,3は基本今まで通り対処可能、ランク4の新兵器No.101 S・H・Ark Knightも対処可能、ランク5のNo.61 ヴォルカザウルス青眼の白龍を焼かれてさよならも回避可能、ランク6はもともとあまり脅威ではないイングナルさんは帰って、どうぞ(強いていうならガントレット・シューターやセイクリッド・トレミス M7が食えるのはそれなりに大きい)、ランク7はNo.11 ビッグ・アイと幻獣機ドラゴサックのメジャー2体が無力化出来て、ランク8は一番遭遇率が高いであろう神竜騎士フェルグラントの妨害を受けずに行動することが出来ます。
シンクロではこのデッキに対して一番出されることが多かったであろうスクラップ・ドラゴンを無効化することが出来たり。

使ってて一番ありがたいと思ったのはランク7のNo.11 ビッグ・アイと幻獣機ドラゴサックの2体が食えることですね。
魔法・罠・モンスター問わずぶっ壊してくる幻獣機ドラゴサック、青き眼の乙女をとりあえず殴って青眼の白龍出してパクろー^^やってくるNo.11 ビッグ・アイ、両方ともクソ天敵ですからね。
エクストラ以外だとカオス・ソーサラーやカオス・ソルジャー −開闢の使者−で除外されるのにかなり弱かったのでそれを対処できるのもおいしかったり。

魔法罠を躱すことが出来るシフトチェンジではカバーできないモンスター効果の範囲をちょうどカバーできるのでオススメです。



〜追記〜
追記を書いたはいいんだけど公開してなかった☆2ヶ月以上書いて放置してましたすいません


えー、もう随分前になりますがNo.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロとかいう頭悪いカードが出ましたね。
如何せん「PRIMALのカードさっむwwwつまんねwwwピリカとかなんだこれwwwエンジェリー死んでるwwwテwィwオwwww」とか言ってPRIMAL ORIGINのカードを買わないどころか確認すらしてなかったしポケモンで遊戯王どころじゃなかったんで全くこいつの存在に気づきませんでした。

相手ターン中に相手の攻撃力が変動している攻撃表示モンスターを破壊することが出来る汎用ランク4。

な ん だ こ の フ リ ン ト の た め に 作 ら れ た カ ー ド 。

このカード召喚自体はガジェットで容易に可能。破壊したいモンスターにフリントをくっつけて除去してドロー。フリントは強制効果故にタイミングを逃すことなく新たな対象にくっつき相手ターン中の好きなタイミングで除去してまたドロー。フリントの効果により表示形式を変更することは出来ないため守備にして逃げることも不可能。相手ターン中に除去したフリントはまた新たなモンスターにくっつき攻撃を牽制したり相手ターン中に青き眼の乙女の効果を起動したりなんかも出来ます。
単純に相性いいです。入れない理由無いです。

工作列車シグナル・レッドもOCG化するらしいですね。戦闘破壊耐性がくっつくという謎の強化っぷり。
単純にギアギガント Xからサーチできる青き眼の乙女を追撃から守れるカードとして優秀ですね。正直ギアギガント Xを守るカードとしての役割が大きそうですが。
レベル3非チューナーが出るとなればシンクロの幅がかなり広がりますね。特にアームズエイド神樹の守護獣−牙王はこのデッキで出したかったけど出しにくかったシリーズなので。前者は装備コントロールのこのデッキで相性悪いわけがないシリーズ、後者はこいつにメタルシルバー・アーマーくっつけとけば最強に見えるシリーズなので。
腐るカードではないのでピン刺ししてみようかなと思います。


〜派生させるには〜

・武装ガジェット型
【キスガジェット】や【斧ガジェット】みたいな感じにしても強いと思います。
斧ガジェットならフリントをやめてギルファーデーモンにして堕落まで入りますからね。ただコントロール奪取をかっこ良く使うことが出来ないのがちょっとアレ。コロン青眼乙女銀龍の布陣とかがよく出来ると思うんですがこの布陣で1体奪取すると銀龍の蘇生を殺してしまったり。他にもなんだかんだ盤面が4まで行って+イクイップフリントや銀龍やフェルグラ乙女やギブてシャインなどでモンスが追加されることが多いので奪取したシナジーのないモンスターがただただ邪魔になることもしばしば。



まだ調整中のデッキなのでまた更新します。
いつかお気に入りのデッキになるといいなー。

ではでは。

スポンサーサイト

2014.11.01 Saturday | by スポンサードリンク

Comment
すみません。間違えて暗黒にコメントしました。このデッキの完成版待ってます!!
  • 光太郎
  • 2013/10/09 6:50 PM
> 光太郎さん
コメントありがとうございます!
頑張って完成させてみたいんですけどねー…やっぱり使えば使うほど面白いデッキとは思えなくて…www
というかどうしても青き眼の乙女が面白いカードだとは思えないんですよね。最近のパワーインフレし過ぎたカードの代表格ですし。
活かせば活かすほど相手を殺すだけのデッキになるし戦闘や対象コントロールの駆け引きもこのカードのパワーのせいでこっちが有利すぎてなんかなーと。
まあいつかいい感じのデッキになることを信じていますwww
  • 灰皿
  • 2013/10/09 8:10 PM
動画何回見てもためになります!!♪


A・ジェネクス・バードマンがなかなか手に入りずらいですね...(笑)


マシンナーズ・フォートレス採用はどうでしょうか??ビックアイで、高火力モンスターをなんとかしたいですねw
  • 光太郎
  • 2013/10/13 4:21 PM
> 光太郎さん

またまたコメントありがとうございます!

A・ジェネクス・バードマン手に入りにくいっていうのはどっちの意味かな?リアルカードが手に入りにくいのかな?手札に呼びにくいって意味かな?
リアルカードなら今は大分安いんじゃないですかね。HAなら300〜400円、日DTも500円くらいで落ち着いてるので以前より格段に手に入りやすくなりましたね。
手札に呼びにくいって意味ならそんなことはないかなーとwww そこまで依存してるカードでもありませんしクロスで呼び込める時は必ずシンクロしたいガジェがハンドにいるし乙女かレドが大体絡んでるので安定して7シンクロまで持っていくことが出来ますね。

マシンナーズ・フォートレスなんですが正直スペックがクソつまんないから使いたくないっていうのが本音ですwww
まあ入れない理由も多々ありまして1つは今のこのデッキにマシフォを突っ込むと自身の効果で出てくる回数は恐らく1回きり。ハンドに多く機械族がたまるデッキではないしサモンチェーンを採用してます故に手札からガジェを全て切らすわけにもいかない。一度のランク7のためだけに入れるなら墓地リソースだけで数回動けるレドックスを増やしますね。
逆にマシンナーズ・フォートレスを腐らない構築にするとそれこそ劣化マシンガジェになってしまってデッキコンセプトが崩壊します。
ちなみにこのデッキで相手するのが面倒なのはスカノヴァや流星のような破壊耐性持ちの3000越えモンスターです。比較的オネストや絵ナードにアクセスしやすいデッキなので打点だけならどうとでもなります。
まあスカノヴァや流星だけを仮想的にするならドラッグルーオンでもいいかなと。ギブ&テイクの相性もありますしね。
  • 灰皿
  • 2013/10/14 12:03 AM
あ、すみません(笑)リアルの方でした(笑)アマゾンで調べてたら何故か高かったのでw



確かにそれならアンティークデッキを作った方がよくなりますよねw



あと除外デッキにかなり負けるんですが、除外系はきついですね...
  • 光太郎
  • 2013/10/14 12:49 AM
> 光太郎さん
まあAmazonはそんなに安いわけじゃないですからねえー。カード買うとなるとあまりオススメ出来ないですわ。


アンティーク…?マシンナーズのことですかね?まあこのデッキでやりたいことをやらずにマシンナーズのちからだけで勝ってしまうのでやっぱりつまらないんですよねー。


除外系というのはマクロコスモスや次元の裂け目を採用したデッキでしょうか。
こういうことはあまり言いたくないんですが除外系は始めから諦めてます!というかぶっちゃけると除外系以外にも色んなデッキに勝つことを諦めてます。
デッキをファンデッキだのネタデッキだの区分するのは負けた時の言い訳作りにしか聞こえないので僕はあまり好きじゃないんですが言ってしまえば僕が作るデッキは全てその類。

僕らの動画環境で求められているデッキは「強すぎず弱すぎない、見たことない動きが出来るデッキ」です。
カードパワーが高すぎるせいで一瞬で決まる、若しくは妨害札が多すぎて相手が動けずこっちも罠の力に任せてちまちま殴る地味な試合、どちらも画になりませんのでそうならないように意識してデッキを組んでいます。
だから僕は強すぎるデッキは敢えてデチューンします。まあただ強すぎるから強カードは入れないのではなく差別化して入れない理由を作りますが。
一瞬で決まる勝負で名勝負と言われる試合は見たことがないし、奈落警告宣告激流ミラフォ脱出サンブレ爆風の力に任せて殴っても見てる側は何も面白くないですからね。
特にスキルドレイン系や除外系などは除去しない限り「何もさせない」カードですのでなお質が悪い。一方的な試合になりかねません。

故にデュエル動画の多くは暗黙の了解といいますかそれらの永続妨害カードを採用しない動画がほとんどです。それがいいことなのか悪いことなのかはわかりませんが少なくとも僕はこの暗黙の了解、皆が皆空気を呼んで面白くない試合展開になりかねないカードは使わない環境がかなり好きです。

対策すればいいじゃんと思われるかもしれませんが対策カードにデッキスロットを割かれて誰も見たことのない真新しいギミックデッキが組むのは難しいんですよね。広く対策を考えるとどうしても誰もが使ってる汎用カードの詰め合わせやそれと同等それ以上のパワーのカードを採用したデッキになってしまいますし。

だから僕は一部のデッキに勝つことを諦めました。僕の残念なデッキ構築の腕じゃ強さと面白さを両立させるのは無理かなと。勝てないものに勝とうとするとデッキがどんどん対応力の高い汎用カードで埋め尽くされて面白いものは作れなくなると思ったからです。どこかで妥協しないと対策が対策を呼んで…って鼬ごっこしてどんどんどんどんデッキスロット割かれちゃいますからね。
このブログや動画で紹介しているデッキで中堅以上のデッキに安定して勝つことは正直無理です。中堅のボーダーがわかりませんが具体的には汎用罠8〜10枚とか突っ込んでるデッキだったり最近のテーマの純正デッキとかには歯がたたないレベルかと。
もし周りの環境がそれらの中堅以上のデッキを使うんだったらこのブログで紹介しているデッキはオススメ出来ません。それでも使いたいと言うならば酷ですが勝ちだけを目標にしないでください。
勝利も重要ですがそれ以上にやりたい動きをキメることとかを楽しいと思えるのならこのデッキでも気持ちよくデュエル出来ると思います!


くっそ長々語ってすいません!何が言いたいかというと「次元マクロは諦めろ、俺らの環境でそんなん使うやついねーからどうでもいいわ」ってことです!
  • 灰皿
  • 2013/10/14 7:06 PM
最近まわりの人間はやけにワンキルデッキや妨害系が多いのでやる方はスッキリするかもしれませんが、やはりやられる方は気持ちよくはないですよね


勝ちにこだわるなら、確かにワンキルや、どのデッキにも対応できるデッキ構成にしますが、私もあくまでも乙女軸で色々考えてきたんですが、対策に対策を重ねると結局わけわからないデッキになりますよね。


だから1つの自分のデッキを決めてむしろその40枚?の中をどう利用して相手に挑むか。そのほうがより遊戯王らしいですね。


長文感謝します(*^^*)

  • 光太郎
  • 2013/10/14 7:46 PM
> 光太郎さん

なるほど…。難しいですなあ。
「勝利」を目指すゲームですので周りのカードパワーが高ければ自然と自分の使うカードのパワーも高くなっていってしまうものですからね。
そうなっていくと使えるカードがかなり限られていき、オリジナリティが薄れていくんですよね。

そうなんですよね!その通りだと思います。
このデッキに限ったことじゃないんですが勝つことよりも「このカードだからこそできる事」を意識して僕は全てのデッキを組んでます。
ファンデッキとか言いながら後ろのバックで勝つようなデッキはどうしても許せないというかどうなのと思ってしまう…。
ファンデッキだからこそバックや手札誘発で守らなきゃ勝てねえだろってのもわからないんではないんですが、なんでその汎用罠を選ぶのかなと。そういう勝ち方ならそのデッキじゃなくていいよなと思ってしまう。
極端なこと言っちゃえばガッチガチのバックで勝つならそんなテーマじゃなくてメタビでも使ってろと。そのテーマより数倍そのバックを有効に使えるだろと。
本当に好きでそのカードを使ってるんだったらそのカードでしか出来ない動き、制圧をして差別化をしろと。相手の行動を制限するのもそのカードだからこそ活かせるカードがあるだろと。
汎用で相手討ってライフ削るなんてバニラでも出来ますからね。
まあこれに関しては各々の仮想敵の問題や環境、考え方の違いもあるので正解なんかないんですよね。
このテーマ使って全てのデッキに勝ちてえんだって人はトップデッキとのパワー差を埋めるためにそういう罠とかをチョイスするのもわかりますしね。
ただ許せないのはそういう勝利をリスペクトしてそういうガチ罠や誘発を突っ込んどいて相手のデッキに「強すぎる」だの「勝てるわけない」とかぬかしたり、負けたら「事故ってた」だの「ファンデッキだからネタデッキだから」と抜かすクズ。相手を不快にさせるだけです。

話がズレましたねー。
とにかく僕は勝利も大事な目標の1つですがそれよりも「カードを活かす」ということを第一の目標にこれからもデッキを作っていきますです!

  • 灰皿
  • 2013/10/15 1:13 PM
Add Comment









PR
Recommend
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM